人体と水の関係
2018.03.26

美味しいお吸い物は涙の味?電解質と体液の関係とは

美味しいお吸い物の塩分濃度が、涙(体液)と同じと聞くと意外ですよね。美味しく感じる塩分濃度には、人間の身体の仕組みが関係しています。塩分を含む「電解質」の意味や働きについて、ドクター監修の記事で紹介します。

「涙の味は?」と聞くと、「しょっぱい」と答える方は多いでしょう。実際に涙には塩分が含まれているのですが、この塩分濃度はずばり、美味しいお吸い物と同じなのです。

ちょっと意外に思えるかもしれませんが、人間の身体の仕組みを調べてみると、ちゃんと理由があることがわかります。この記事では、塩分と身体の関係から電解質とは何か、人間の体内でどのように働いているか、などについてご紹介します。

美味しいお吸い物は涙の味?

塩は、昔から食事の味を決める重要な調味料として活用されてきました。ことわざにも「うまいまずいは塩加減」とあるように、塩の濃度で料理の美味しさが決まると言われています。それでは一体どのくらいの塩分濃度がよいのかというと、ちゃんと数値化されており、約0.8~0.9%(水1リットルに8~9グラムの塩が溶けている状態)の範囲内となっています[1]。つまり、この塩分濃度になるよう調理すれば、美味しいお吸い物ができるというわけです。

この塩分濃度の根拠には人間の体液が関係しています。人間は海の生物から進化をとげたため、体液(細胞外液)は海水に似た組成になっています。その塩分濃度は海水の約3分の1、すなわち0.8~0.9%となっているのです。人間の身体は常に一定の塩分濃度を保とうとしているため、塩気が多い食べ物が入ってくると薄めようと水が欲しくなり、逆に塩分が足りないと不味いと感じるようになっています。涙(体液)の味のお吸い物が美味しいのは、人体の自然な反応の一つと言えそうですね。

体液に塩分が重要なのはなぜ?

体液に塩分が含まれていることはわかりましたが、なぜその必要があるのでしょうか。塩が、どのような働きを持っているのかについて解説します。

塩分は体が渇かないために必要なもの

人間は、約6割が水分でできていると聞いたことがあるかもしれません。全身を巡っている血液のほか、臓器も重量の70%を水分が占めており、私たちの身体には実に多くの水分が含まれているのです。水分は細胞が活動するために必要不可欠な存在であり、不足すると肉体は生きることができません。水分の重要性については、『体から水分が抜けるとどうなる?水だけで生きられる日数は?』もご覧ください。

体液は適切な場所に、適切な量が分布していることが重要ですが、体液を保持する役割を持っているのが塩です。正確にはCl(クロール)イオンやNa(ナトリウム)イオンという状態で体中に存在していて、細胞の内外で水を引き寄せたり、とどめたりしてくれています。塩分が足りないと、いくら水を摂っても体外に排出されてしまい、私たちの体は渇いてしまうことでしょう。

体液の分布に関係する浸透圧とは

ClやNaの働きによって体中に分布している水分は、「浸透圧」という法則にもとづいて移動しています。例えば、塩分濃度が高い水溶液と低い水溶液を、半透膜(水だけを通す膜)をはさんで隣り合わせにしたとします。すると水は塩分濃度の低い方から高い方へと移動し、やがて両方の水溶液の塩分濃度は等しくなるのです。体内でも浸透圧の法則にしたがって、ClやNaが多い方に水が引き寄せられていきます。

身近に浸透圧を感じられる例としては、下痢があります。消化がうまく行われず、消化物の中にClやNaが多く含まれてしまった場合、水分が腸管内に引き寄せられて、水っぽい便が出てしまうのです。また、ナメクジに塩をかけると小さくなることが知られていますが、これも浸透圧によってナメクジの体内にある水分が体外に引き寄せられることによります。

電解質とは

ここからは、ClやNaを含む電解質について紹介します。

水に溶けて電気を通す物質

ClやNaなどは、「電解質」と呼ばれます。水に溶けるとイオンという状態に分離して、電気を通すようになる物質です。人間の身体においてはK(カリウム)やMg(マグネシウム)、Ca(カルシウム)、P(リン)なども含まれ、必須ミネラルに属しています。これらは、体内で作り出すことができない物質なので、食事などから摂取する必要があります。

水分の移動に使われる電解質

電解質の中でも、主に細胞の内外で水分を移動させる役割を持っているのがNaとKです。Naは細胞の外に、Kは細胞の中に多く存在しています。これらがバランスを取り合いながら存在することで、体内の水分が適切に分布されます。他にも、Cl、Ca、Mg、Pは腸管での水の吸収・分泌や腎臓からの排泄に関与しています。

体液のpHや電位差を保つためにも電解質が必要

身体がきちんと働くためには、水分のバランスだけでなく、pH(ペーハー)や細胞内外の電位差を調節することも大事です。pHは酵素などの働きを左右しますし、電位差は筋肉を動かしたり神経の情報伝達をしたりするのに必須です。食塩に含まれるClやNaは重炭酸イオンとともにpH調整(酸塩基平衡)に関与しています。

Naは塩分に含まれるため、ついつい摂り過ぎてしまう栄養素なのですが、Kが不足しているとNa過剰の状態が続いてしまいます。Naが血中に多くなると、浸透圧によって血管外から水分が引き寄せられ、血液量が増えます。すると、心臓は通常より多くの血液を送り出さなければならなくなるため、高血圧の状態になり、心臓や血管に障害が起きるリスクが高まります。

Kは野菜やいも、果物に多く含まれています。美味しいお吸い物でNaを補給したら、副菜やデザートでKも摂取することを心がけると、健康維持につながりますよ。

参考文献

  1. [1]酒井穣. 料理のマネジメント. CCCメディアハウス 2011; 63-65

今すぐ読みたい

「人体と水の関係」の関連情報