生活習慣
2018.04.27

人工甘味料(キシリトールなど)で下痢が起きる理由と治療・対策

カロリーゼロの菓子類や清涼飲料水などに含まれる人工甘味料。実はこれらを摂り過ぎると下痢を起こすこともあるのです。今回はキシリトールを例として、下痢が起こるメカニズムや治療・対策について詳しく紹介します。

体重を増やしたくない方にとって、カロリーを気にせず甘いものを味わえる、人工甘味料の入ったお菓子や清涼飲料水は魅力的ですよね。しかし、パッケージに書かれている「食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります」という文章が気になったことは無いでしょうか。

お腹をゆるくする(下痢を引き起こす)原因となるのは、ずばり、人工甘味料です。この記事では、甘味を足してくれる人工甘味料が、なぜ下痢の原因になってしまうのかを詳しく紹介します。

キシリトール(人工甘味料)で下痢が起こる理由

人工甘味料は、合成甘味料と糖アルコールに大きく分けられます。下痢を起こすのは、糖アルコールであり、キシリトールやソルビトールなどが含まれます。通常の砂糖は、腸管内で吸収されて血液中に入ることで血糖値を上昇させます。しかし、人工甘味料は、砂糖と同量でも同じくらい、ものによっては何百倍の甘みを感じる上に、消化・吸収がされにくく、血糖値も上がりにくいといわれています。そして、この消化・吸収がされにくいということが、下痢につながる要因のひとつになるのです。

通常、何かを口に入れると胃や腸などの消化管で消化・吸収されるのですが、キシリトールはその過程がないため、大部分はそのまま大腸に入ってしまいます。大腸には腸内細菌が多く存在し、大腸に到達した人工甘味料は、その腸内細菌による発酵を受けて短鎖脂肪酸が産生されます[1]。この短鎖脂肪酸には健康にかかわる様々な作用があるといわれており、その作用の一つに便秘の解消があります。大腸の蠕動運動(ぜんどううんどう:腸が食物を送り出す運動)を過剰にさせ、さらに便を柔らかくするために腸管内に水分を分泌させるのです。それらの作用の結果、腸管内の水分量が増えて腸を刺激し、下痢につながると考えられます。

また、消化・吸収がされにくいということは、腸管内の浸透圧(水を引っ張る力)も高くなるともいえます。そのため、腸管内の水分が増え、下痢が起こることもあります。

キシリトールによる下痢の治療と対策

キシリトールによる下痢の治療としては、腸の蠕動運動が過剰になっているため、まず腸を安静にすることです。下痢がひどい場合は、脱水症状を防ぐために水分補給をしてください。その際は、スポーツドリンクよりも糖度は低めに、そして電解質濃度は高く調整された経口補水液を選択するとよいでしょう。

また、症状がつらい場合は、止しゃ薬(下痢止め)を使うのも一つの手段です。市販の止瀉薬は色々ありますが、その主な成分として、木クレオソート(腸の過剰な蠕動運動を正常化させ、水分吸収を促進)、タンニン酸ベルベリン(腸の有害細菌に対して殺菌作用をしめす)、ロートエキス(腸の過剰な蠕動運動を抑制)、ロペラミド(腸の蠕動運動を強く抑制)などがあります。

対策としては、原因となるキシリトールなどを摂取し過ぎないことです。自分が人工甘味料で下痢を起こしやすいことがわかっている場合は、製品表示欄に「食べ過ぎるとお腹がゆるくなることがあります」と書いてあるものを食べる量に注意してください。

注意すべき下痢の症状

経験したことがないような激しい下痢、発熱や嘔吐を伴う下痢、便に血が混じっている、なかなか症状がよくならない、などの場合は感染症や別の病気も疑われます。早めに医療機関を受診するようにしてください。下痢の原因については、『下痢が起こるメカニズムや原因・治療・予防』でも紹介しています。あわせてご覧ください。

参考文献

  1. [1]奥恒行. 低エネルギー糖質甘味料・エリスリトールの体内代謝と食品への応用, 栄養学雑誌1998; Vol56 No.4 189-198 https://www.jstage.jst.go.jp/article/eiyogakuzashi1941/56/4/56_4_189/_pdf (参照2018-04-17)

今すぐ読みたい

「生活習慣」の関連情報