2018.04.27

難消化性デキストリンによる下痢とは?原因や対策

今やさまざまな食品や飲料に配合されている難消化性デキストリンですが、摂取することによって下痢を起こすことがあります。今回は難消化性デキストリンによって下痢が起こる過程や、治療・対策について詳しく紹介します。

飲み物

健康食品やトクホ(特定保健用食品)などに含まれている「難消化性デキストリン」。「食後の血糖値の上昇をおだやかにする」とか「食後血中中性脂肪の上昇をおだやかにする」などの効果がうたわれており、食生活の改善に役立つとされています。

サプリメントなどの摂取しやすい形で販売されているので、毎日の食生活に組み込みやすいのですが、手軽さゆえについつい摂りすぎることもあるようです。そのような場合に、下痢を引き起こすと言われています。

なぜ難消化性デキストリンが下痢の原因になるのでしょうか。メカニズムや治療、対策などについて、詳しく紹介します。

難消化性デキストリンによって下痢が起こる理由

難消化性デキストリンは食物繊維の一種で、トウモロコシのでんぷんから作られます。食物繊維は生活習慣病の予防や便秘の解消に役立つといわれていますが、難消化性デキストリンも同じような効果があるとされ、普段の食生活で不足している食物繊維を補う目的で使用されています。野菜などに含まれる食物繊維は、水に溶けにくい「不溶性食物繊維」と、水に溶けやすく、溶けるとドロドロのゲル状になり粘度を持つ「水溶性食物繊維」に分けられます。このうち、難消化性デキストリンは水溶性食物繊維に分類されますが、溶けても粘度は低いため、加工性に優れています。

難消化性デキストリンは、読んで字のごとく消化されにくく、小腸で、ほぼ吸収されないといわれています。そのため、摂取された難消化性デキストリンは、ほとんどが大腸に到達します。そして大腸の中で水分を吸って膨らみ、便のかさを増やします。かさが増えた便は大腸を刺激し、それによって腸の蠕動運動(内容物を送り出す動き)を活発にさせます。通常はこの作用によって便秘が解消されるのですが、摂り過ぎによって腸が必要以上に刺激されると、便が腸管内を進むスピードが速くなってしまいます。大腸は便から水分を吸い取って、固形便をつくる役目を持っているため、便の通過スピードが速すぎると水分の吸収が追いつかなくなり、下痢を起こすのです。

また、難消化性デキストリンは、腸内細菌の餌にもなります。腸内細菌の働きによって発酵が起こり、「短鎖脂肪酸」といわれる物質などに代謝されるのです[1]。短鎖脂肪酸は腸を刺激して蠕動運動を亢進させ、なおかつ腸管内への水分の分泌も促すため、それらの作用によって下痢になるとも考えられています。

難消化性デキストリンによる下痢の治療と対策

難消化性デキストリンによる治療としては、腸の蠕動運動が活発になっている状態なので、腸を安静にして休ませてあげることが大切です。繊維質の多いものを避け、消化のいいお粥やうどんなどを食べると良いでしょう。

また、下痢がひどい状態だと脱水症状が起こるので、水分補給も必要になります。その際はスポーツドリンクよりも糖分が少なく、そして失った電解質の補給に適した経口補水液を選択するとよいでしょう。一度にたくさん飲むと胃腸に負担がかかるため、少量を何回かに分けて飲むようにしてください。

対策としては、まず原因となっている難消化性デキストリンを摂らないことです。難消化性デキストリンそのものや、配合されているサプリメントなどを服用しているのであれば、摂取量を見直してみてください。

注意すべき下痢の症状

難消化性デキストリンの摂取をやめても下痢が止まらない、または悪化するようなときや、発熱や嘔吐を伴う下痢、便に血が混じっているなどの場合は感染症や別の病気も疑われます。そのような場合は、早めに医療機関を受診してください。

下痢の原因には、難消化性デキストリン以外のものも多くあります。『下痢が起こるメカニズムや原因・治療・予防』で詳しく紹介しているので、あわせてご覧ください。

参考文献

  1. [1]前田 栄彰. "難消化性デキストリンの特性と用途" 独立行政法人 農畜産業振興機構. https://www.alic.go.jp/joho-d/joho08_000547.html (参照2018-04-17)

今すぐ読みたい

「薬」の関連情報